TOP画像

企業が融資を受け入れるのと個人が借入を行うのは違うのか?

私の会社ではよく社長や経理部長が銀行に行ってはお金を借りてきているそうです。企業融資でつなぎ資金や今までの借り換えなどを行っているんでしょうけれども、私達が消費者金融などで借りるのとなにか違いがあるのでしょうか?その点、よくわかってなかったのですけれども、私が思うにいくつかの違いがあるみたいですね。

まず企業が融資を受けるというのは、個人で言えば借金をすることに当たりますが、借金をするとしても額が大きいです。数千万円とか数億円は当たり前です。また保証人として自分の家族や他の社長の名前を書いていたりもしますし、担保なども差し出さないといけません。私達のような一般人でも、額が大きければそういった借入をすることもありますが、そんなになんども行うことはありません。

またもうひとつの違いとして、借り換えがあります。この借り換えというのは若干分かりにくいのでsが、幾らかのお金を借りて、その借りたお金を返済していきますよね?利息も返済し、元金も返済していくのですが、そうすると借りられる枠というのが増えるのです。つまり1000万円の枠があれば、100万円元本を減らすことが出来たら、また100万円借りることが出来るというのです。こうやって企業融資はずっと銀行からお金を狩り続けられる仕組みになっています。

ちょっと調べてみてもわかったんですけど、私達の借入とはずいぶん違いそうです。いくらでも借りられますし、なんといっても企業は私達と違って寿命がありません。その分長く借りられるということなのでしょう。企業融資と自分たちの借りる借入との違いがコレほどまでとは思いもよりませんでしたが、いい勉強になりました。

このページの先頭へ