TOP画像

一番好かれると言われている、土地を担保にした借入

皆さんが借入をするとき、どういうものを思い浮かべますか?最近になって消費者金融のようなものが流行してきて、ATMで手軽に借りるのが当たり前のように思う人もいるかも知れません。しかしその昔、借入という物は質屋に担保を持って行って、お金を借りたのです。江戸時代くらいからですが、質屋に何かしらのものを持って行って、それと引換にお金を借りていたのです。これは担保のようなもので、お金を返せばちゃんとものは戻ってきたりしていました。

これが現代になって今は土地が担保になるようになりました。日本では土地神話と呼ばれるくらい、土地というのは価値が下がらないものであるという考え方があります。これはバブルの時に土地の値段が下がった今でも、信じられています。ですから、本当は土地の値段というのは下がるのですが、今でも日本の金融機関でお金を借りるときは、土地を担保にした借入が最も簡単に行える借入となっています。

つまり消費者金融のようなものであれば、少額のお金を高金利で借ります。数十万円のお金を十数%の金利で借りるというわけですが、土地での借入は全く規模が違います。大きなものであれば、数千万円から数億円のお金を借り入れることが出来るのです。まさに大型投資などを行う際には土地の担保で借入を行うことが最も有利なのです。

さて、一般の人達には特に縁がないかもしれないこの土地を担保とした借入ですが、事業を行なっている人達からすれば、当然のように考えなければならない借入方法の一つでしょう。そのためにも、不動産投資などで土地を購入しておくことは、今後の借入のためにも必要なことではないかと、今では考えています。

色んな考え方がありますが、土地を担保にした借入が最も信頼されているというのは間違いありません。

このページの先頭へ