TOP画像

他社借入はできるだけ減らして言ったほうがいい

自己破産する人の多くは、たいてい他社借入が多くなっています。他社借入、つまり複数の金融機関から多重債務しているという状況です。この多重債務は自己破産の第一歩なので、できるだけやらない方がいいのは間違いありません。その理由は幾つかありますが、一番は条件が悪くなることでしょうか。

一番条件が良いのは国や大手銀行の借入です。コレが出来る人達は一番良い条件で借り入れています。良い条件というのは金利が安くて、支払い方法などがいくつか選べるようなことです。次に地方の銀行などがよくて、そして消費者金融と続きます。消費者金融も大手のほうが条件はいいです。金利も制限いっぱいではありませんし、枠もしっかりと決めて管理しています。しかし中小の消費者金融になっていくと、どうしても中小なりのものになり、枠も小さいですし、そして信用がない分、厳しい返済条件になります。当然金利は最も高いものに設定されています。

というように、他社借入をしていくとどうしてもドンドン条件が悪いところへ借りに行かなければならなくなります。同じような条件の所ならいいのですが、そういうところはたいてい信用情報が回っていますから、貸してくれなくなるのです。ですからどんどん条件が悪い方へ他社借入してしまうというわけです。

そういう時に便利なのが一本化です。大手銀行なども行っていますから、安心して利用して欲しいです。信用がまだあれば、十分銀行や消費者金融で一本化することが出来ます。そうすればしっかりと支払えるような状況に変えてくれます。一気に多重債務から楽になりますから、利用して欲しいですね。

他社借入もできるだけ節度を守ってやっていくべきでしょうね。

このページの先頭へ