TOP画像

専業主婦の人たちは今後、借入が難しくなります!

今まで消費者金融で借りていた人たちの多くは、そのお金をどこに使っていたかご存知でしょうか?ほとんどの人達はそのお金を使って、生活費の足しにしていたといいます。ですから、一般的なイメージとして、借金をたくさんする人というのは自堕落な生活をしていて、ギャンブルなどに溺れているというのはちょっと間違ったイメージだということがわかります。

しかし昨今の法律改正によって、家庭の財布を預かる専業主婦にとって、大変困ったことになってしまいました。それは専業主婦が借入を行う際には、条件が出来たのです。それが配偶者、つまり夫の収入と合わせて3分の1までしか借りられなくなったというのです。例えば夫の収入が年収500万円で妻のパート代が100万円だったとします。そうすると合計600万円のうち、3分の1に当たる200万円までしか借り入れることが出来ないのです。

しかも今後はこれらの条件に加えて、夫婦の証明書や配偶者の同意書などが必要になってきます。特にこの条件で心配されるのが事実婚などをしている人たちです。同棲や事実婚をしている人たちは法律的に配偶者ではありません。しかし専業主婦として家にいる人達もいるでしょう。彼女たちが家庭のために借入をすることが出来なくなる可能性もあります。

生活というのは毎日平凡であればいいのですが、どこかで山あり谷ありがやってきます。その時に消費者金融で借入を行うというオプションがあれば、だいぶ楽なんでしょうけれども、今回の法改正で少々厄介なことになってしまいました。借りたいけど借りられないとか、借りに行ったけど追い返されたという人は、お近くの弁護士事務所や司法書士の方々に相談することをおすすめします。

このページの先頭へ