TOP画像

債務整理後は借入が出来なくなるのか?

日本ではなかなか理解されにくいことですが、海外では結構メジャーになっている自己破産や任意整理。債務整理とも言いますが、これらの悪いイメージというのは日本ではまだまだ残っています。お金の使い方が下手でバカな人間だ、と思われたりとか、お金に卑しいギャンブル中毒の男なのだろうと思われたりとか、なかなかマイナスイメージが消えません。

それも影響しているのでしょうが、どうしても債務整理中に借入をするというのは難しくなっています。そして、債務整理後にもなかなか借入が難しいことが多いです。これはそれだけ信用が毀損されていることに間違いないのですが、債務整理をしっかりと行った後に、ちゃんとした生活をしていても、なかなか借入が難しかったりします。

そんな時には審査の甘いところを使うという手もあります。しかし同じように債務整理をしなくてはならないようになれば、またそこも使えなくなりますから、そこでしっかりと返済をするようにしてください。もし少し審査の甘い消費者金融でしっかりとお金を返すことが出来れば、信用も出来て、もう一度メジャーなキャッシング会社から借りることが出来るようになる可能性もあります。

債務整理をするということは信用がなくなるということです。借入で亡くした信用は借入で取り戻すしかありません。そのためにもしっかりと返済できるんだぞというところと、業者に見せつける必要があるのです。

一つのいい例として、一度債務整理を行った中小企業の社長が、もう一度自己破産後に会社をしています。彼は違う金融機関からお金を借りて、もう一度事業を成功させたのです。今では逆に彼のところへお金を借りて欲しいとやってくると聞いていますよ。

このページの先頭へ