TOP画像

既往借入額という言葉が出てきて、わからない人へ

やっと私もサラリーマンとして、出世することが出来ることになりました。まぁそのまま課長で終わってしまうかもしれませんが、それでも平社員で終わるよりも全然マシでしょう。課長昇進にともなって仕事も増えてしまいますし、責任も増えてしまいますが、それでも給料も上がりますし信頼感も上がるので嬉しい限りです。

そこでこの出世と同時に新しく住宅ローンを借りて、持ち家を買おうと思ったのです。妻も喜んでくれていましたし、それで出世と同時にパーティーをしました。久しぶりに楽しい家庭内だったと思います。しかし私はあまりこういった金融について詳しくないので、知り合いが務めている銀行に住宅ローンの相談に行くことにしました。すると既往借入額について教えて欲しいと言われました。

既往借入額というのがよくわからなかったので、それはどういうものか?教えてもらったのですが、どうやら今借りている借金の額を教えて欲しいというものでした。それは割賦販売で買っているものや消費者金融に借りている借金なども加えて合計したものだそうです。既往借入額は場合によっては昔借りていた借金についても書かなければならないこともあるらしく、そうなるとちゃんと返済しているかという信用問題にも関わってくるでしょう。

幸い、私の知り合いが既往借入額を今借りている分だけでいいということで、自己申告制にしてくれたので助かりました。一応、私は借金がなかったので、そのまま住宅ローンの審査は無事通りました。しかし自分が既往借入額という言葉を知らないことに、自分の無知さを知りました。もっと自分自身、ローンを借りるならちゃんと勉強しないといけないな、そう思った次第です。

このページの先頭へ