TOP画像

借入の時に金利が違うのはなぜなのか、知らなければ損!

色んな消費者金融を回ってみて、気がついたことがあります。実は消費者金融の金利がいろいろな会社によって違うのです。なぜか同じ10万円を借りる場合でも、金利が少し違って返済が楽なところと少し厳しくなるところがあります。コレはなぜなのか?と思ってちょっと調べてみたのですが、どうやらいくつか理由があるようです。

まず金利の上限ですが、これは基本的に決まっています。今まで金利上限があいまいだったのが、法律によってしっかりと定められました。そのため、どの業者も金利上限についてはまったく同一です。逆にそれを超えて貸付を行っている企業があれば、おそらくヤミ金のようなものなので、基本的に借りない方がいいでしょう。

また、金利が低いところもあるのですが、これは貸し出し上限額によるようです。どうも貸し出し上限が高いところほど、貸出金利が低くなっているような気がします。例えば最大500万円まで貸してくれる業者と50万円までしか貸してくれない業者であれば、500万円貸してくれる業者のほうが金利は安く設定されていました。

当然ですが同じくらいの金額を借りる場合、大抵同じくらいの金利になりますから、どこで借りても一緒じゃないか、と思ってしまうかもしれません。しかし枠の問題を考えると、金利が安いところを選んだほうが、後々はいいかもしれませんね。

私も色んなところから借りたことがありますが、今は一社だけを使っています。一番金利が安いところだったので、ずっと使い続けているのですが、おかげさまで上客に指定されたのでしょう。枠も大きく設定されていますし、金利もある程度優遇してもらえるようになりました。難者も使うより、金利が安いところを1社に決めたほうがいいかもしれませんね。

このページの先頭へ