TOP画像

借入で一番注目するのは金利以外に考えられなし

借入をするときに一番気にする部分ってどこでしょうか?場所が近いからでしょうか?それとも簡単に貸してくれるからでしょうか?それよりも一番大事な部分があります。それが借入における金利です。金利というのは支払いの利息のことですが、コレが安ければ安いほど、借りる側からすると有利になります。

当然のことではありますが、借入をいくらかしたときに、返済をするとその借入額よりも多くのお金を支払いに当てることになります。それが利息というものです。当然金利が高ければ高いほど、返す額が多くなって、仮多額よりも金利支払いのほうが多くなるということも結構当たり前のようにあります。これは金利が高いヤミ金などでよく見られる現象です。

一応ですが、日本では貸出金利というものが決まっています。借入をするときに金利に注目すべきなのは、この貸出金利を超えていないかどうかです。超えている場合はその金利を支払わなくてもいいですし、当然支払い過ぎた金利は変換してもらえるのです。ですから、金利上限というのは覚えていたほうがいいでしょう。この記事の内容にも注目するべきです。

それに加えて、金利上限いっぱいに設定している業者と、それよりも低く設定している業者の二つが存在します。これは業者のスタンスによるものですが、金利上限いっぱいに設定している業者は一回だけでも儲かるようにしていますが、逆に金利上限を下げてくれている業者は長く付き合いたいと思っている業者が多いです。

どちらを選ぶかは人それぞれですし、一度しか借りる予定がないという業者なら、金利が高くてもいいでしょうが、今後永く付き合っていきたいというのであれば、金利優遇をしてくれるような業者のほうがいいんじゃないでしょうか。

このページの先頭へ