TOP画像

実は最近になって借入可能額が設定されたのです

最近になって法律が改正されたことにより、借入可能額が変更されました。今までは特に借入について、細かい規程は無かったのですが、最近になって多重債務ローンに悩む人達が増えたこともあって、借入可能額が設定されました。それは大体年収の3分の1程度という風に決められたのです。ですから、年収が低い人はそれなりに低いお金しか、消費者金融では借りられません。

とは言え、今までも自主的に金融機関は借り入れ可能額を設定してきました。例えば住宅ローンなどはいい例です。必ず借り入れ可能額を設定していましたから、どんなに住宅ローンを組みたいと言っても、その人の収入次第では、全くローンが組めないということも当然のようにあります。今でも自営業者や無職の人はどんなに不労所得などがあろうとも、ローンを組むことが難しくなっています。

また、消費者金融も自分たちで借り入れ可能額の枠をしっかりと作っていました。消費者金融といえども、誰にでもお金を貸していたわけではありません。大抵の場合はお金を借りる人の信用調査をしっかりとします。借金返済を滞納していないか、そして他から借りていないかなどを調査した結果、借り入れ可能額を決定し、その枠内で貸付を行っていました。何も法律が設定される前から行っていたのです。

しかし今回の法律制定でかなり厳しく借入可能額を設定されたので、もう今後はいくらでも借りられると言うなことはないでしょう。住宅ローンなどではそういう事はなかったですが、消費者金融ではクレジットカードやキャッシングとうまく組み合わせて、自由自在にお金を借りている人がいたのも事実です。

やはり一番大事なのは計画的に借りて、計画的に返済していくことなのでしょうね。

このページの先頭へ