TOP画像

事業資金を借入するときに、おすすめの方法

事業が順調に推移しているとき、必要になるのが資金です。日本では企業の倒産・破産が起業する数よりも多いと言われています。ですから毎年のように事業者数は減っていき、日本の経済も伸びていないというわけです。そんな事業倒産・破産で一番多いのが黒字倒産です。黒字で事業が順調であるにもかかわらず、資金繰りに失敗してしまって事業を倒産させてしまうというわけです。

こういった黒字倒産は一時的な事業の資金繰りに失敗する場合と、将来に向けて大きな設備投資を行った場合などに多いのが特徴です。順調に伸びていても、支払いサイトの関係などで必ず資金繰りに窮するときというのはやってきます。そうなったときにしっかりと借り入れできる業者を選んで置かなければなりません。

事業資金の借入となった場合、一番おすすめなのが商工ローンです。一時期、商工ローンは大人気になりましたが、今はだいぶ事業縮小気味です。専門的な話になりますが、法律が改正されて、事業者向けの商工ローンを営業しにくくなったというのがあります。しかしそれでも、借入を行うなら商工ローンが一番かと思います。

数百万円の一時的な資金繰りならば、消費者金融でも構わないんですが、大きな設備投資となれば、消費者金融では不可能です。そういう意味でも幅広く使える商工ローンがおすすめだと言えるのです。

日本の金融は少しおかしな状況になっていますが、それでも商売は続けていかなければなりません。それならば今ある選択肢の中でベストなものを選ぶべきでしょう。事業資金借入を行うなら、ベストは商工ローンだと思いますよ。

このページの先頭へ