TOP画像

知人が教えてくれた借入依存度ってなに?

事業を大きくしていく上で、必要なものが資金ですが、この資金の多くを借入でまかなってしまうと、どうしても借入依存度が高くなってしまいます。この借入依存度があまりにも高くなると、どうしても銀行や投資家、取引先などから嫌がられてしまいます。

そもそも借入依存度とは総資産のうち、どれだけを借入で調達しているかを示すものです。世の中にはたくさんの会社があって、そのほとんどが融資を受けているのですが、ある機械を事故資金で買うところもあれば、銀行からの融資で買うところもあります。そうなった場合、どちらの企業のほうが資金が豊富で、今後も安定性があると思いますか?やはり前者のほうが安定性があると思われるものです。

だから借入依存度が高いと、どうしても周りの人達から「この会社の安定性にはちょっと問題があるな」と思われるのです。そう考えると、出来るだけ借入に依存しないようにすべきなのですが、ここにも落とし穴があります。もし借入をしなければ、それは成長率に悪影響を与える事にもなります。

まったく融資を受けていない無借金経営が日本ではいいものだと思われていますが、実際には無借金経営の会社よりもある程度の借金をすることで、設備投資に回したり、人材採用に回したりすることで、成長を促進することが出来るとされているのです。ですから、全く借入をしていない、借入依存度がゼロというのもまた問題なわけです。

私達事業者からすれば借入というのはひとつの資金繰り方法でしかありません。資金をどこから持ってくるか、増資にするのか、それとも事故資金を充てるのか…それらの経営判断を間違えることは企業経営に大きな影響を与えるということを、中小企業経営者としては知っておかねばならないでしょう。

このページの先頭へ