TOP画像

借入返済をうまくやっていった体験談です

皆さんの友達には上手に借金している人、いませんか?もしいないというのであれば、ぜひ私の体験談を参考にしてもらえるように、借金をするのが下手な人に言って欲しいと思います。私はおそらく生活費だけでも、住宅ローンが組めるくらいのお金を借りてきました。その返済を今まで一度も滞らせたことはありません。そんな私の体験談をぜひ聞いて欲しいのです。

まず借入を始めるところから勝負は始まっています。借入返済をするところからが勝負だと思っているかもしれませんが、実際は借入のところから勝負なのです。まず、自分が元本を返済できるというレベル以外は借りないでください。つまりそれ以上借りたら他のところからお金を借りて工面しなければならない、そういう額は借りないことです。これが一番大事で、利息の計算を出来るようになる必要があります。

つまり100万円借りて15%の利息なら、年間15万円の支払いです。利息だけで1万円以上月間で払っていくのですから、それができるかどうか、です。コレをしっかりと自分の中で決めることが重要です。後はそれを守っていくだけなのですが、それが出来ない人も多いでしょう。そんな時には利息だけでもいいので払い続けてください。それならば信用が毀損されることはありませんし、借金出来なくなることもありません。

以上のように、実際は借入を行うところから返済は始まっているという風に考えたほうがいいでしょう。私も最初の頃は利息計算がなかなかできなくて、自分がどの程度なら支払いができるか、全くわかりませんでした。しかし徐々に自分の身の程をわかるようになり、そのレベルでしか借りないようにすれば、自ずと危ない橋を渡る必要性がなくなりましたよ。

このページの先頭へ