TOP画像

銀行の借入では金利が有利になるのか?

私は昔っからお金の使い方が荒くて、なかなか貯金ができないタイプの人間でした。学生時代にパチンコをするようになってから、給料のほとんどをパチンコに費やすようになり、食事を少なくしたり家賃を滞納したりするほどでした。

さすがにこれではだめだなぁと自分でも思っていたのですが、なかなかその生活から抜け出せずにいました。そんな時に私に恋人ができました。彼女のおかげでギャンブル依存から抜け出すことができ、無事二人で一緒に住もうという話になったのです。小さなマンションの一室を購入しようと銀行に向かったとき、驚きました。借入の金利が明らかに安かったからなのです。

私はパチンコ依存だったとき、消費者金融で何度かお金を借りたことがありましたが、たいてい10%以上の金利を支払っていました。しかし、銀行で住宅ローンを組もうとした場合、ほとんどが3%程度の金利だというのです。私の常識が覆されてしまい、愕然としました。

しかしよく良く考えてみたら、3%程度の金利であっても、かなり高額の買い物をするわけですから、金利支払いは多くなります。私が借りていた10万円そこそことはぜんぜん違うというわけだと気づきました。とは言え、私は今までなんでこんなに高い金利でお金を払っていたのかと、ちょっとガックリとしてしまいましたが。

他にも銀行の借入について、窓口の人に色々と聞いてみましたが、やっぱり消費者金融なんかよりもだいぶ金利は優遇されるみたいですね。ただしすぐに審査は降りないですし、審査の基準もだいぶ厳しいというのを教えてもらいました。他にも政府系の金融機関でも審査は同じように厳しいが安い金利のものもあるということでした。

私は消費者金融ばかり使っていましたが、世の中には金利が安い借入というものが銀行等、色々あるんですね。

このページの先頭へ