TOP画像

不動産購入の時、借入をするならこうすべき!

人生ではいくつかの大きな買い物をするときがあります。子供を産んだ後は、子どもに一番お金がかかるなんて言われますが、子供をのぞくとおそらく多くの人がお金をかけるのは不動産である家だと思います。自動車もお金がかかりますが、家のローンなどに比べると安いものです。

では不動産である家を購入する時、どのように借入を行うべきなのか、考えたことがあるでしょうか。まず間違い無くほとんどの人はローンを組むことになるわけですが、このローンもしっかりと考えて組まなければなりません。住宅ローンは似たり寄ったりではあり、ある一定のルールがあります。

ローンはまず35年以上組めるところはありません。35年ローンということは20歳の時点で組んだとしても、支払い終えた時には55歳という長いローンを支払っていかないといけないのです。できるだけローンの期間は短いほうがいいに決まっているのですが、そのためにも頭金をしっかりと用意しましょう。これ次第ではだいぶ金利支払いが変わってきますから。

不動産である住宅を購入する際の借入では、必ず返済シュミレーションをしましょう。でなければ、どの程度の金利負担をしているかわからないからです。一時期バブル期に購入した住宅で、そのままバブルの時代の金利支払い続けているという人がいましたが、明らかに損です。3000万円のローンであれば1%違うだけで30万円の違いがあります。30万円稼ごうとすれば、一般のサラリーマンでも1ヶ月程度の給料に値します。

というように家などの不動産購入で借入を行う際には必ず頭金を重宇文用意すること、そして返済シミュレーションをすることによって、金利支払いを減らすことが出来るのです。住宅ローンは大きな買い物ですから、慎重に組みましょう。

このページの先頭へ