TOP画像

中小企業の社長はぜひ読んで欲しい、借入のHow To

中小企業を長年していたら、絶対に必要なものがあります。それは資金です。たいていの企業では資金がなくなり、大変な状況になることがあります。そんな時に場合によっては資金が借りれる人もいれば、借りれない人もいます。その違いは一体なんなのでしょうか。私は一度も借入を断られたことが無いのですが、それを少し参考にしてほしいなと思います。

まず中小企業の借入で大事なことは正直な財務状況を報告することです。財務状況をごまかすことは簡単ですが、そんなモノは銀行では見破られてしまいます。それよりもしっかりと財務の専門家と一緒に財務諸表を作ることに集中しましょう。ここで正直さをアピールすることで、今後の借入にも影響してきます。

ちなみにここで民間の金融機関以外にも、政府系金融機関を使うという選択肢も出てきます。中小企業のためにいくつもの融資方法を用意しています。地銀などと組んだりしているのですが、ここでもやはり財務の正直さが問題視されます。ですから粉飾などをしていると、どうしても政府系金融機関では審査が降りません。政府系の融資は銀行融資などに比べて、だいぶ金利も安く設定されていますから、かなり有利になります。中小企業なら使いたいところですね。

というわけで、一番大事なことは財務の正直さだということがわかったと思います。そこで財務を正直に書いた後、民間でも政府系でも小さな額から融資をしてもらってください。最初から大きい額は難しいので、小さい額で返済実績を作るのです。返済実績が積み重なっていき、滞納しないとなれば多くの金融機関は信用度が増し、大きな融資をしてくれるようになるのです。

私もこの方法でだいぶ資金繰りが楽になったのです。ぜひ、参考にしてみてください。

このページの先頭へ